株式会社ニッチ

カツヤマグループ

沿革

大正 5年 創業
昭和17年 戦時下の企業統合令により、4社合併し、資本金60万円で、株式会社日本チェーンブロック製作所を設立。チェーンブロック、トロリ、鉄道機器等の生産・販売を行う。
昭和20年 戦後、組織及び工場の改革を行い、再発足する。
昭和29年 資本金1,500万円に増資。この間、2度の増資、東京営業所の設置、大阪府よりの優良工場表彰受賞などがある。
昭和34年 資本金3,000万円に増資。電気チェーンブロックの開発等に先鞭をつける。
昭和37年 資本金6,000万円に増資。この間、名古屋・九州営業所を設置し全国ネットワーク組織を形成する。
昭和38年 労働基準局よりクレーン製造許可工場の指定を受ける。
昭和42年 設立25周年、本社ビル建設。手動・電気チェーンブロック等の系列標準化をなすと共に、工場・生産設備・厚生施設の充実をはかる。
昭和46年 商号を株式会社日本チェーンブロック製作所から、ブランド名ニッチを採用し、株式会社ニッチと改称。運搬省力専門メーカーとして発展を期す。
昭和53年 大阪府知事より発明実施功労賞を受賞。
昭和56年 資本金1億円に増資。
昭和59年 第1次5カ年計画として、分散型工場を本社工場に集約し、コンピュータシステムをもった物流システム等を含め、近代工場への改革をはかる。
昭和62年 21世紀のチェーン・ホイストと搬送システムの専門メーカーへ、生産体制の拡充を期すと共に、国内・海外販売の統合をはかる。
平成 1年 第2次5カ年計画として、経営体質の強化とインターナショナル・ベストチェーンブロックメーカーへの体質改善を目標に設定する。
平成 4年 資本金を2億円に増資。
平成 4年 カツヤマグループに参入
平成 5年 第1回社債を発行する。
平成 6年 中国と技術提携を結ぶ。
平成 9年 イギリス・パーソンズ社と技術提携を結ぶ。
平成 9年 第3次5カ年計画として、ISO 9001への挑戦を中心とする国際水準の品質保証体制の確立と、チェーンブロック系より脱皮した新商品の展開をはかる。
平成10年 第2回社債を発行する。
平成10年 新生産管理システムを導入する。
平成10年 ISO 9001認証登録。
平成11年 ハンドクレーン・システム販売開始(フィンランドKCI社と技術提携)
平成11年 東大阪市優良企業の表彰を受ける。
平成11年 日本赤十字社より銀色有効賞受賞。
平成12年 東大阪市モノづくり大賞銀賞受賞。
平成13年 ISO 14001認証登録。
平成14年 ISO9001:2000に移行
平成19年 ISO14001:2004に移行
平成20年 レバーホイストRB5Aマイナーチェンジ
小形電気チェーンブロック RC2発売
平成22年 ISO9001:2008に移行
平成25年

手動チェーンブロック HN1シリーズ(6機種)発売
レバーホイスト RN1シリーズ(7機種)発売
DCブラシレス電気チェーンブロックBTN1シリーズ(6機種)発売

平成26年

ハンドクレーン/スチールレールシリーズ KHNシリーズ(4機種)発売
ハンドクレーン/アルミレールシリーズ KTANシリーズ(2機種)発売
エアホイスト KA1SN/KA2SNシリーズ(5機種)発売
エアバランサー KABNシリーズ(17機種)発売

平成27年

新形レバーホイストRB5Aシリーズ(0.5t〜6.3t 6機種)発売
新形レバーホイストRB5A製缶フック仕様(1.6t、3.2t)発売

平成29年 ISO14001:2015に移行