株式会社ニッチ

カツヤマグループ

用途事例
NEWS 114

手押式橋形クレーン(GC)

新幹線レール製作ストックヤードに仮置きするための仮設設備です。
地上にて門型クレーンを組立た上、チェーンブロック取り付け後、約40m上の軌道までレッカー車にて吊り上げ、レール上に設置します。
新幹線用レールを溶接し200mで完成品となり、完成したレールを12台の橋形クレーンでストックヤードに積み上げます。
門型クレーン12基の端から端迄は約240mあります。
ストックヤードの場所が数カ所有るため、門型クレーンを移動し同じ作業を繰り返し行います。
電源はエンジンウエルダーより供給し、分電盤より各門型クレーンに配線しています。
軌道の横には国道が走っており、下からの眺めは景観を損なう事なく、爽快な眺めです。

主仕様

  • 定格荷重:1.5t
  • スパン:6m
  • 巻上機:電動横行式電気チェーンブロック(ECJE40200:6m)
  • 台数:12基
  • 特殊仕様:レール締結用クランプ付
製品詳細
EO4形
ECE4形